暴力団追放三ない運動+1とは、暴力団を解散、壊滅に追い込むため、3つ +1のスローガンを企業や市民の行動指針として掲げ、これを実践する運動であり、警察、暴追都民センター、東京三弁護士会、地域・職域の暴力団排除団体などによって強力に推進され、大きな成果を上げています。

みんなの力で社会の敵、暴力団を追い出し、明るい待ちを作りましょう!

暴力団追放三ない運動 +1 の具体的内容

1.暴力団を利用しない

暴力団を利用しない

すべてを「金づるにする」
それが暴力団の姿勢です

  • 暴力団を利用したつもりが、骨の髄までしぼられます。
  • 暴力団は、タダでは動かず、法外な金を要求されます。
  • 暴力団は、相手が弱い、甘いと見ると、トコトン食らい付き離れません。

2.暴力団を恐れない

暴力団を恐れない

恐れは「誤ったイメージから」
恐れることは暴力団を助長させる

  • 暴力団は怖いものではありません。皆で相談し合い、団結して対応しましょう。
  • 暴力団を恐れず「存在を許さない」と皆で対決姿勢を持つことです。

3.暴力団に金を出さない

暴力団に金を出さない

金が「腐れ縁の元」
暴力団を支援・容認することになる

  • 暴力団に金を出すことは、結果的には暴力団を認め、資金獲得の手助けをすることになります。
  • 暴力団は、一度味を占めると、何回も金を要求し続けて搾り取るのです。
  • 暴力団は、自らの遊びや組の活動資金を、常にかぎ回っているカネのための集団です。

+1.暴力団と交際しない

暴力団と交際しない

交際は「暴力団の活動を助長」
暴力団はあらゆる機会を狙って近づいてくる

  • 暴力団と関係すること自体が不当要求のきっかけになることがあります。
  • 暴力団と交際していると「暴力団と社会的に非難されるべき関係にある者」とされ、公共事業等から排除されることがあります。

暴力団が恐れているもの、それは、あなたの暴力団を恐れない「勇気」なのです。

暴力団追放三ない運動 +1 の重要性

暴力団から不当要求を受けた全ての企業と市民が、この暴力団追放三ない運動+1をしっかりと実践していれば、暴力団は資金不足となり、いずれ消滅していく運命にあります。この運動が重要である大きな理由はここにあります。

しかし、現状では、暴力団はまだ相当の組織、勢力を維持しています。いろいろな理由による資金の提供が存在するからですが、こうした資金の提供者は、やがて、取り返しのつかない大変な事態を招く危険性があります。逆に、この3つ +1のスローガンを守っていけば、そのような危険性はなくなるのです。このことが、この運動が重要であるもう1つの大きな理由です。

暴力団追放三ない運動+1とは、暴力団などの反社会的勢力を追放するために重要であるばかりではなく、反社会的勢力から自分の企業、仕事、生活を守っていくために重要であることを十分理解して実践しなければならない運動といえるのです。